2007年06月08日

犬の気持ちになって

昨日はくるみのしつけ教室
用事がありちょっと遅れて参加車(セダン)
入っていったらシーンとしていて今日は時間変更だったかな?
と思うほど・・・
何と皆さん指符で「座れ」「立て」「伏せ」をしている顔(なに〜)
さっそくくるみも参加
「座れ」と「伏せ」は何とかわかるようだけれど「立て」は難しい顔(汗)
この次は声符だけ(手は後ろに組んで)
「座れ」「立て」「伏せ」
指符と声符
犬(笑)達は得意な方と苦手な方があるみたい
くるみは指符のほうが得意Good
声符になるとなんかしら〜ん顔していたね

次に今日は面白い実験をしました
飼い主さん二人がペアーになって
一人が犬一人がリードを持つ飼い主となります
犬役の人は目隠しをして右の手首にリードを巻きます
飼い主さん役の人はうまくリードを引き誘導しなければなりません
犬(笑)役になってリードだけを頼りに歩くのはとてもとても怖かったです
早めに合図をしてうまく誘導してあげないと犬はどっちに行っていいのか迷ってしまうのですね
盲導犬はもっと大変
犬役の人間を盲導犬はちゃんと誘導して・・・
本当に偉いClap
人間は勝手にグイグイ引っ張るのではなく
早めに合図を送りやさしく誘導ひらめき
勉強になりました

追伸)
この日のくるみは〜またまた出てしまった〜ふらふら
母たちがそれぞれ実験をしている間
それぞれの犬(笑)達は誰かにリードを持ってもらったり
木にリードをつないだりしておとなしく待っていた
でも、くるみは「ワンワンむかっ(怒り)ママと一緒に行く〜」あせあせ(飛び散る汗)
リードを引っ張り泣いて大騒ぎしている
しばらくクレートの中だとおとなしく待てていたのに
急のことにくるみの「分離不安症」がまた出てしまったふらふら
もうそろそろ大人になって欲しいのですけれど・・・
お留守番はちゃんと出来るのに・・・あせあせ(飛び散る汗)
どうしたらわかってくれるのかな?
皆さんは「ママが命だね」「かわいいね」とか言ってくれるけれど
くるみさんむかっ(怒り)そんな事言われている場合ではないのだよ顔(え〜ん)

ニックネーム くるちゃ at 18:42| Comment(4) | くるみのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする